第18回アマチュアコンクール結果とICE審査(ひとり言 其の六百六十六)

2017年8月23日

第18回全日本アマチュアギターコンクール。
志田ギター教室からは昨年に引き続き、本選に2名が進出したものの、入賞には至らず入選止まりとなりました。
残念な気持ち半分、喜び半分。

今更なのですが、私はコンクール挑戦する生徒さんたちに「本選で自由曲弾けたらいいね」と言ってきましたが、これでは「甘い」のだろうと思います。
2位や3位の方たちは「1位しか見ていない」気持ちで挑戦しているわけです。
しっかり結果を出すには、もっと目標を高く持つ(持たせる)ことが必要なのかもしれません。

その一方で「出場するだけですでに勝ち」という心がけは、もっと大事に思います。
今年のコンクールは、欠席者ゼロの全員出場でした。
本当に素晴らしい。
皆さんの気合のほどが感じられます。

結果は下記の通りです。

詳細については協会委員・坪川真理子さんのレポートが後日発表されますのでご期待ください。

入賞~
第1位 寺島光洋さん(神奈川)
第2位 木村崇雅さん(東 京)
第3位 清田和明さん(千 葉)
次席 佐々木宣博さん(東 京)
特別賞 江原正則さん(静 岡)

入選~本選出場者(順不同)
柴田陽太さん(北海道)
前田真悟さん(千 葉)
渡部信一さん(神奈川)  
金居秀治さん(埼 玉)
杉本みどりさん(神奈川)

寺島光洋さん、優勝おめでとうございます。
入賞者の皆さん、入賞おめでとうございます!
出場者の皆さん、勝利おめでとうございます!!

会を支えてくださっているスタッフの皆さん、審査委員の皆さん、本当にお疲れ様でした!!!

最後になりましたが、審査といえば、、、今回は審査評価方法に『ICEモデル』を取り入れてみました。

開会の辞でもお話ししたように、ICE(アイス)モデルとはカナダで実施されている学びと評価のプロセスです。

Ideas、Connections、Extensions の頭文字をとっています。

それぞれを「I」=基礎知識、基礎技術、「C」=表現、感情を表す、「E」=総合力、感動を伝える、とし本選では14項目の審査基準を作りました。

コンクール評価でICEモデルを取り入れたのは、おそらくこのアマチュアギターコンクールが最初ではないでしょうか。

やってみると問題点や改善点も見えてきましたので、さらに思考を重ねて、今後より良いものができればと思います。